リクナビネクスト 非公開求人

非公開求人の理由について

リクナビネクストには、一般応募を受け付けていない非公開求人というものがあり、それには企業側の理由があります。公開できない理由があるので企業名や詳細な求人内容などは伏せられており、斡旋求人としてリクルートが管理する案件となっています。ここでは非公開求人での採用の流れと、企業が非公開求人を選択する理由についてお話ししましょう。

 

企業が非公開求人を選択する3つの理由

 

■人材採用とは経営課題。他社には手の内を明かせない理由がある…

 

例えば新規事業の立ち上げのために、プロジェクトの核となる人材を採用したいという企業があったとします。媒体を使っての一般採用を行った場合、仕事内容や採用ポジションなどかなりの情報を公開することになりますが、これは経営に関する情報をもオープンにすることにもなります。競合他社に対してみすみす手の内をさらすことにもなるため、情報を秘匿する意味でも非公開求人を選ぶ企業が多くなる理由のようです。

 

■欲しい人材をピンポイントで採用したい理由とは

 

非公開求人では、企業側が採用要件に合う登録者の中から採用候補者を厳選し、プライベートオファーでアプローチします。プライベートオファーは必ず面接を行うことが条件であり、企業が是非会いたいと思う登録者に対して行うオファーです。対象者を絞り込んで面接に呼びこむことができるため、優秀な人材を少数採用したいと場合に有効な手法であると言えます。

 

■効率的な採用をするための理由が大きい

 

一般的な採用の場合、求人公開→書類選考→一次面接(試験)→二次面接→最終面接→採用という流れになることが多いと思いますが、これは、企業にとって多くのコストと手間を要します。非公開求人でのスカウトを活用すれば、書類選考までの絞り込みをリクナビネクスト内で完結させた上で、採用要件を満たす登録者に直接面接のオファーができるため採用実務の効率化が図れます。

 

非公開求人が8万件!登録5分

 

 

非公開求人のオファーを得るには

 

■レジュメを充実させよう

 

リクナビの非公開求人では、企業側が採用要件に合う登録者の中からさらに厳選してプライベートオファーを行います。プライベートオファーは採用に結びつく可能性が高く、登録者にとっても大きなチャンスとなります。プライベートオファーを獲得するためには、やはりレジュメの内容の充実度がポイントです。一般応募での職務経歴書と同様に、簡潔で要点を絞った自己PRができているかがカギとなります。自分のキャリアを振り返り、客観的視点を持って分析し、強みとなるポイントを見つけ出すこと。明確な将来ビジョンを描くこと。この2つのことこそが「選ばれる人材」となるための最低条件と言えるでしょう。

 

■プライベートオファーはあなたの市場価値の現れ

 

リクナビネクストにおいては、あなたが志望する業界・職種以外からプライベートオファーオファーが届くことがあります。有名企業の非公開求人の場合もありえます。志望する業界・職種ではないからと言って、これを無視するのは早計です。プライベートオファーオファーが届くということは、採用のプロがあなたに人材としての魅力を感じたということであり、すなわちあなたの「市場価値が認められた」ということなのです。これは自分では気づくことができない可能性を広げるチャンスです

 

 

非公開求人は企業にとっては優秀な人材を厳選して採用するための手法です。登録者にとっても自らの市場価値を知り、選ばれた人材として次のステップに進むチャンスです。
まずは自分自身を見つめ直し、転職への準備を整えましょう。