リクナビネクストで第二新卒が転職

第二新卒がリクナビネクストで転職に成功する方法について

新卒入社から3年以内の離職者を総称して第二新卒と呼びます。企業にとって第二新卒者群は重要な採用ターゲットとなっており新卒採用と並行して定期採用を行う企業もあるほどです。

 

企業がなぜ第二新卒に注目するのか?
第二新卒が転職を成功させるためのポイントとは何か?

 

それらについて考えてみます。

企業が第二新卒者に注目するワケ

企業が第二新卒採用の最大のメリットと考えるポイントは、基本的なビジネスマナーなどどの導入教育が必要ないこと。また、企業文化の影響を強く受けていないため教育がしやすいとも考えられています。即戦力とはならなくとも、成長の期待は高いと評価されているようです。

 

採用環境も年々回復しており、企業の第二新卒採用に対する期待もますます高まるのではないでしょうか。

企業が第二新卒者に期待すること

リクナビネクストのデータによると、企業が第二新卒者に期待することとして挙がっているのが「意欲」「ポテンシャル」「バイタリティ」「キャリアプラン」などです。具体的に言えば、何をやりたいのかが明確であり、将来のキャリアプランを明確に持つ意欲的な人物ということになります。

 

かつてのような新卒採用の補充的な位置づけではなく、優秀な若手人材を確保するための採用として捉えているようです。

 

非公開求人が8万件!第二新卒でも転職できる!

 

 

転職に成功するために何をアピールすべきか

転職をするということは、現状の課題を解決するために新たな環境を求めるということです。早期離職の場合では特に、その退職理由は前向きなものでなければなりません。企業風土に馴染めない、仕事が合わないなどネガティブな理由はNG。企業側から見れば、採用してもまた同じ理由で転職するのでは?という不安が残ります。

 

早期退職というマイナス要因をクリアするには、キャリアプランに基づいた前向きな転職であることを理解してもらう必要があります。そして何よりも転職のタイミングは大切だったりしますね。

 

 

自分が成長できる転職先であるかどうか

企業選びにおいて最も重視すべきポイントは、人を活かす環境があるかどうか。それを見極めるためには徹底的な企業研究が欠かせません。企業ブランドやイメージで企業を選ぶのではなく、人材観、具体的な成長要因など企業の本質を見極める目を持つことが大切です。

リクナビネクストには第二新卒採用に積極的な企業が多い

リクナビネクストは登録者、求人数ともに国内最大の転職サイトでありサイト内で第二新卒採用の特集が組まれることが多く、転職成功のためには必須サイトです。

 

登録後、レジュメを完成させると企業からの直接のオファーを受けることが可能となります。企業が、登録者の中から採用要件を満たす者を絞り込み、直接説明会や面接への参加をオファーするものです。特に面接を前提としたプライベートオファーは採用に結びつく可能性が高いため、いかにこのプライベートオファーを獲得するかがポイントとなります。

 

さらに、一般に公開されない非公開求人のオファーが届くこともあり、リクナビネクストを利用するデメリットはありません。

 

プライベートオファー獲得のためには、レジュメにおいて効果的な自己PRができているかが重要となります。もうアピールすべきポイントはお分かりいただけたでしょう。第二新卒に求められている「意欲」「ポテンシャル」「バイタリティ」「キャリアプラン」をポイントにおいて自分をアピールするだけです。

 

リクナビネクスト内にはたくさん転職の成功事例や就活に関する記事も掲載されており、利用する価値は無限大と言えるでしょう。