アルバイトから正社員に就職

アルバイトから正社員に就職に成功する方法

アルバイトをしていて、「そろそろ正社員で就職を考えた方が良いかな」と思っている人も多いのではないでしょうか。若い20代前半ならアルバイトでも良いけど、さすがに20代後半になってきたら定職に就いて安定した仕事をしたいと考え方が変わってくる方もたくさんいらっしゃいますね。

 

そんな時に不安に思うことが「正社員としての経歴がなく、アルバイトからいきなり正社員になるのは難しいのではないか。」ということ。実際に、どの業種においても経験者を優遇しますので、他の応募者が自分よりも経験豊富で優れた人材だったら太刀打ちできませんね・・・。でもアルバイトから正社員は諦めた方が良いのかと、悩む必要はありません。アルバイトから正社員になる方法はいくらでもあるんです!

 

例えば、リクナビネクストなら未経験者OKの求人が豊富にあります。そんな求人に応募する事で、正社員で就職できる可能性が高くなるのです。何もせずにいるよりはまず行動ありきですね。

 

リクナビしかない求人85%!

 

 

アルバイト時代の経験を正社員で生かす!

 

アルバイト時代にアパレル関係の接客業、居酒屋や料理店での飲食業などの経験があれば、それをそのまま経験として履歴書に記載することができます。アルバイト歴である事は正直に記入しましょう。

 

ファッションの販売業や、外食の飲食業というのは常時募集のある業種です。全体的に人材不足に陥っている企業が多く、アルバイトをはじめとした未経験者の募集も非常に多いので、十分に正社員として働けるチャンスのある職種といえるでしょう。

 

特にこういった職業は離職率が多く、入れ替わりが多い職種です。実際にアルバイトとして同業の仕事をしていたという経験があれば、採用条件の面において有利に働くことでしょう。

 

未経験者の募集を探すなら最大求人サイトで!

 

 

資格取得やスキルアップを心がけ正社員を目指す

 

しかし、例えば居酒屋でバイトしていても、将来は飲食業ではなく、他の分野での正社員を考えているという方もいるはずです。その場合、応募した際に面接時になぜ、その職業に就きたいかという明確な強い気持ちがないと採用に至るケースが少なくなってしまいます。

 

例えば、飲食業からWEBデザイナーになりたいという場合、まるで接点がありませんね。その場合、アルバイト以外の時間でWeb関連のスクールに通ったり、職業訓練所の学校に通ったり、あるいは自作でWebのホームページを作るなどして、どれくらいのスキルがあるかということを面接時に示せるかどうかがポイントです。

 

また、実際にアルバイトで働きつつ、資格を取得するということも大きな役に立つでしょう。介護福祉士、歯科助手、調理師など資格を武器にアルバイトから転職可能な職業も数多くあります。

 

アルバイトということを変にコンプレックスに持たずに、自分のなりたい職業へ向けて努力していて、実際にこのような力(資格や作品)があるということを企業先に伝えることができれば、おのずと道は開けてくるでしょう。

 

また、自分ひとりだけで解決しようとせず、転職サイトに登録してオファーを待つのも役に立ちます。例えばリクナビNEXTでは登録すると自分に合った職種のオファーが届くケースがあり、そこから直接面談に発展していき、正社員への道が開ける可能性があります。

 

アルバイトから正社員になるまとめ

 

  • 正社員未経験でも卑屈になる事はない
  • 経験を生かした就職先を探す
  • スキルアップの資格取得
  • 就職サイトの求人情報を活用する

 

リクナビ転職サイト TOPに戻る