転職未経験で成功

転職未経験で成功する方法とコツ

転職には大きな不安がつきもの。特に転職で未経験であればなおさらです。成功する方法やコツとか知りたいですよね?

 

「転職エージェントに登録すると、現在の勤務先にバレないか心配」
「具体的にどう活動すればいい?」
「未経験から異業種への転職は難しいの?」

 

ここでは、転職にあたって知っておくべき基本について考えてみます。まず転職事情についておさらいしてみましょう。

 

リクルートキャリアのデータによると、平成23年度の転職成功者の平均年齢は28.2歳。転職活動期間は平均21日。面接を受けた社数は平均5.4社となっています。

 

転職理由として最も多いのが、「他にやりたい仕事がある」次いで「会社の将来に不安がある」「給与に不満がある」「残業が多い、休みが少ない」と現状に対する不満を解消したいという理由が多くなっています。

 

世代別の転職経験の有無を見ると、転職経験ありと答えた者が30歳未満で35.3%、30~34歳が59.9%、35~39歳が53.5%となっています。

 

30代の5割以上が転職経験を持ち、企業にとっても転職者は重要な採用マーケットであることがお分かりいただけるでしょう。

 

さらに、新卒入社から3年以内の離職率も高まっています。業界別に見ると宿泊・飲食業界では48.5%、教育・学校支援業界では48.8%、サービス・レジャー業界では45.0%と特に高くなっています。第二新卒者採用を定期採用に組み込む企業も増えており、大きな採用マーケットとして期待されていると言えるでしょう。

 

90年代以降の景気低迷による企業の採用意欲の低下は、2014年の今、30代以降の組織の核となる層の不在という事態を招いています。全体的に即戦力たるリーダー候補が求められる傾向にあり、また2014年秋の正社員有効求人倍率は0.95まで回復していることなどから、採用環境は改善していると言えます。

 

転職で失敗しないために

 

新卒採用に比べ、中途採用では採用のハードルはより高くなります。新卒から3年目以内の第2新卒者の場合、新卒採用枠の補充とされるケースが多いようですが、それでも早期離職はマイナス要因の一つであり成功するハードルは高くなります。

 

では採用ハードルをクリアするためにはどんなコツが必要でしょう?

 

●客観的視点での自己分析
職務経歴書、自己PR、キャリアプランでアピールするためには客観的な分析が欠かせません。転職エージェントを利用すると、プロのエージェントのサポートによりこの作業を円滑にすすめることができます。過去の実績の整理、自分の強みのアピール、入社後何をしたいのか・何ができるのか、どんなキャリアイメージを持っているかを明確にプレゼンテーションし、採用すべき人物として選ばれなければなりません。

 

●詳細な企業研究
表面的な研究ではなく、興味を持った企業についてはあらゆる情報を集め、様々な角度からの研究が重要です。研究の度合いが入社意欲の差となり、将来のキャリアイメージへとつながります。自己分析と企業研究の積み重ね、志望企業を絞り込んでいくことが重要です。

 

●ポジティブな転職動機
データを見ると、会社の将来性や待遇などへの不満が転職理由の上位に目立ちますが、それは志望動機とはなりません。転職とは現状の課題を解決するための手段ですが、採用側から求められるのはポジティブな転職理由と明確なビジョンです。

 

転職未経験こそ転職エージェントの活用

 

円滑な転職活動を進めていくためには、転職エージェントを活用することが最も有効でしょう。特に、転職未経験の場合、転職エージェントは心強い見方となります。

 

非公開求人をはじめとする豊富な求人情報があることは魅力ですし、転職活動開始から内定までのサポートが得られることは最大の魅力です。一般応募に比べ、圧倒的に成功確率が高く利用するデメリットはないと言えるでしょう。

 

特に在職中に早期の転職を目指すのであれば、転職エージェントの活用をお勧めしたいと思います。転職を成功に導くために、まずは自分を知り企業を知ること。そして、幅広く情報を集め、将来ビジョンを明確にすることが大切です。

 

 

 

 

リクナビde転職【上々の、評判】登録ならリクナビネクスト