事務 未経験

事務に未経験で転職する事は意外と簡単

仕事をしていて「思い切って就職したけど、思っていた仕事と違った」なんて思ったことがある方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。それは理想と現実のギャップが大きかったことが問題となっています。そこで、今まで通り仕事を続けるか転職して新たな仕事に就くかの選択をするわけですが、なかなか新しい仕事に就くには勇気がいるものです。では、もしも全く事務の未経験者が事務員になるためにはどのような段階を踏めば転職できるのでしょうか。

 

.事務の仕事とは

 

事務の仕事は企業によって様々ですが、一般的には書類作成や伝票作成及び処理、電話・来客応対など縁の下の力持ち的な仕事になります。また事務の中でも種類が分かれており、受発注や管理業務などの専門業務をこなす営業のサポート役として「営業事務」や気配りや高いビジネスマナーが求められる「受付」を伴う事務、経営者などの業務を幅広くサポートする「秘書」などがあります。他にもまだまだたくさんの事務職がありますので、自分が事務として行いたい業務を明確にしておく必要があります。

 

未経験事務の求人募集で1番多いのがリクナビネクストです。リクルートが運営している求人サイトで、リクナビネクスト独占の求人が8割以上なのでこれから転職活動するならはずせません。

 

事務に有利に転職するならリクナビネクスト

 

 

事務職としてのスキルは簡単なパソコン操作でOK

事務職を望むのであればそれ相応のスキルが必要になってくるのかと思いきや「貿易事務」や「英文事務」など特殊な事務職で無い限り特別なスキルは必要ではありません。むしろ未経験者を募集しているケースがたくさんありますので、自分が望む事務職に必要なスキルを調べてみるとよいでしょう。ただし、未経験と言っても基本的なパソコン操作を求められるケースが多いため「ExcelやWord、PowerPoint」などは覚えておくと良いでしょう。その他には簿記秘書検定などの資格を持っていればそれだけ仕事の幅を広げることができます。

事務員の心得と適正

事務職とは縁の下の力持ちとしての役割を担っています。そのため、献身的な人が向いており、「人を助けたい」や「人のために働きたい」と強く感じる人に向いている傾向にあると言えます。また事務職は電話や来客応対をするためコミュニケーション能力や気遣いができる人が活躍できる場所でもあります。その他にも慎重で丁寧な仕事ができる人は入力ミスなどを防ぐことができますので、その能力を大いに事務職で発揮することができます。

事務職へ転職の可能性

事務職は専門性の高い職業だと考える人もいますが、一般的には様々な能力に対応した万能職だと言えます。そのため、未経験であっても転職が難しいことはなく「営業」をしていた人であれば「現場の経験」を活かして、「販売員」をしていたのであれば「接客能力」を活かすことができます。様々な職種を通して会社全体を見ることができ、広い視野を培うことができますので、「縁の下の力持ち」または「影の立役者」として活躍してみてはいかがでしょうか。

 

事務に有利に転職するならリクナビネクスト