面接官に好印象を与える自己紹介

面接官に好印象を与える自己紹介について

 

希望の会社へ入社するためには面接をクリアしなければなりません。会社の人事もしくは選抜された人との面談をするわけですが、実際に面接官を目の当たりにしたら異常に緊張してしまい、何を話したら良いか分からなくなってしまったという経験がある人もいるでしょう。

 

例え、自己紹介の内容が素晴らしい出来であったとしても、緊張で上手にPRができなければ面接官に好印象を与えられません。

 

もしも面接の時に緊張してしまう原因がわかっていたらいかがでしょうか。緊張もせず、面接官に好印象を与え見事内定から入社という流れになる可能性が非常に高くなることでしょう。

 

面接にはお決まりの「テーマ」がある

 

面接時の緊張は何を聞かれるか分からないことと始めて会う人とうまく会話ができるか不安に思う気持ちからきています。とはいえ、これらは自分が思い込んでいることであって面接官が考えていることではないかもしれません。

 

では、面接官は何を考えているのでしょうか。

 

面接官に共通していえる点は「受け答えと立ち振舞い」や「具体的な将来像」、「自己分析」を見ています。これらを重点的に準備していれば聞かれたことに対して「答え」を持っていることもあり、落ち着いて面接を受けることができるため面接官へ好印象を与えることが可能です。

 

テーマに沿って面接官に好印象を与える

 

まず面接の「受け答えと立ち振舞い」は入室時や退室時の他に言葉遣いやしぐさにあらわれます。これらは一夜漬けで覚えようと思っても身につくものではありません。自然な言葉遣いやしぐさは普段から心がけておくようにしましょう。

 

次に「具体的な将来像」について明確に面接官に理解して貰えると好印象を与える事ができます。将来どの様な形で会社に貢献してくれるのかがハッキリしていると内定を出す面接官の方があなたを選びやすいですよね?

 

好印象を与えて面接官があなたを選んでもらうのでは新社会人と同じレベルになってしまいます。転職の面接はある程度のビジョンを言葉にできるかにあります。あなたを採用するしかない程の将来像を考えておいてください。

 

「自己分析」については、自分の強みと弱みを理解していることが問われます。

 

とはいえ、強みと弱みは表裏一体です。強みが分からない人は弱みを「おとなしい」を「冷静に判断できる」など言い換えてみると自分の強みがわかります。

 

自己紹介には「将来像」取り入れ自分をプレゼンする

 

面接の自己紹介は自分のプレゼンだと思ってください。最近は中学や高校でもプレゼンの授業があるのはご存じですか?会社ではプレゼン能力の高い人材を求めています。

 

プレゼンは子供でもできますので難しい事ではありません。会社とあなたとの今後の将来像を少しPRするだけです。

 

.自己紹介で話す事
挨拶・職歴・自己PR

 

最後に、「本日はどうぞよろしくお願い致します。」など締めの挨拶を行ってください。自己紹介は1分程と3分程の2パターンを用意しておきましょう。自己紹介を何分でと言われなければPR時間は3分が目安になります。

 

いくら百戦錬磨のビジネスマンが面接官であっても、面接の短い時間でその人の人間性までを把握することはできません。ですが、あなたが一生懸命に考えた将来像には好印象を持たざるを得ないでしょう。

 

 

リクナビde転職【上々の、評判】登録ならリクナビネクスト