転職のタイミング

転職のタイミング

転職したいと思う理由は人それぞれですが、もし実際に転職しようとなると、そのタイミングもしっかりと考えておかなければいけません。

 

単純に自分の都合だけではなく、応募しようと思っていた企業も時期によってプロジェクトが異なり募集してないということもありえます。自分の良いタイミングと企業側のベストなタイミングは、どのタイミングなのかご紹介していきましょう。

 

自分にとって良い転職のタイミングとは

 

まずは自分のことを考えて転職する場合、勤続年数・年齢・経歴というものが転職の際に影響してきます。例えば、職を転々としていて1年未満ですぐに退職しているという場合は採用企業にとっても良い印象を与えず、内定率が低くなってしまうでしょう。少なくとも勤続年数が3年以上は社員で同じ会社に勤めていたという実績が欲しいところです。

 

そして中途半端な退職時期ではなく、出来る限り切りの良いタイミング転職を考えた方が良いでしょう。ただし、引越しなどを理由に前職が短い在職期間だったということであれば、それほど悪い影響は与えません。

 

また辞める事情も給与面や待遇面が本音だとしても、転職の際にはキャリアアップをしたいためなどと伝えた方が良い印象を与えます。ある程度、役職を担っていた経験があれば、転職の際にアピール材料となります。

 

企業側にとって良い転職のタイミングとは

 

一方、企業側にとって求人が多くなるのが12月や3月などの年度末決算期が一つのポイントとなります。人事異動や退職が相次ぐ時期で、それと入れ替わりに人材を確保したいと考えている企業も数多く存在します。

 

企業によっては面接の段階で内定を得て、入社のタイミングを調整してくれる企業もあります。 しかしできるだけ早いタイミングで業務を遂行したいと考えているIT 関連の企業やサービス業などはなかなかタイミングを調整してくれるというのも難しいという事情があります。

 

せいぜい1ヶ月や2ヶ月先といった程度でしょう。

 

探し方がわからない方はこちら。
仕事の探し方がわからない

 

女性の場合は結婚出産も視野に転職を!

 

男性と違い、女性の場合は結婚を機に退職するという方も数多くいらっしゃいます。また産休や育休となる数ヶ月から年単位での休暇というケースが出てきます。転職をしてすぐにそのような状況になると、ほとんどのケースで休暇は認められていません。

 

それは企業だけの問題ではなく、労使協定で締結されていて、転職後1年以内は休暇を取れない企業ばかりです。女性の場合はそういったことも理解して、転職のタイミングを考えた方が良いでしょう。

 

非公開求人が8万件!