リクナビネクスト転職

求人サイトならリクナビネクストで転職に成功

リクナビNEXTはリクルートが運営する転職サイトで無料で全てのサービスを利用できます。ハローワークや転職雑誌で求人を探すより効率良く自分に合った仕事を探し出せるのです。最近は優良企業の求人が少なくなったと感じませんか?

 

実は大手会社では求人情報を非公開にしていますので会員にならなければ見る事ができません。そしてリクナビNEXTではスカウト制を採用しており登録しておくと企業側の人事担当者からオファーが入るシステムになっています。

 

リクナビNEXTしかない求人がある!

リクナビNEXTのみの求人85%!

 

転職者の80%がリクナビNEXTを経由しており、日本最大の転職サイトだけあって求人募集も桁違いです。ぜひ、リクナビNEXTの非公開案件の求人情報をゲットしてください。

 

詳しくはこちら⇒公式リクナビネクスト

 

無料登録 非公開求人 1カ月のオファー件数

たった1分

8万件ほど

600万件以上

 

 

 

※リクナビネクストは全て無料ですので気軽にご利用ください。

 

あなたの業種に合った魅力あるレジェメ情報を入力するとスカウトする側の会社が貴方をより理解してくれるでしょう。もちろん、リクナビNEXTからスカウト不要の方はレジェメも全てインプットする必要はありません。

 

リクナビNEXTにログイン後、マイページに登録・設定情報を選ぶとレジェメの入力画面になります。急いで転職が希望ならレジェメの後にスカウト登録をするとオファーが入ります。

リクナビNEXTのスカウトレジェメ情報

 

リクナビネクストでのレジェメ項目です。

プロフィール 氏名や住所など、実際には求人側に開示されません
学歴・語学・資格 これまでの学歴
経験職務チェック これまでの職務履歴
職務経歴 現在または直前の勤め先
自己PR アピールポイントや成果エピソードなど
キャリアプラン 今後の仕事の方向性とその理由
希望条件 業種・職種・勤務地・年収など
レジェメ公開ブロック 特定の企業に情報をブロックします

 

リクナビNEXTで良い転職を見つけたいなら完成度の高いレジェメ作成が優良な転職先からスカウトされやすくなります。頑張って自身のプラス面を引き出せる様に書きましょう。全ての項目を埋める必要はありませんが沢山入力しておくとリクナビNEXT内で検索されヒット件数が多くなります。

 

 

 

リクナビネクストのメール受信設定

 

入会するとリクナビネクストからメールが入りますが、受信の可否をレジェメと同じページで変更できます。最低でもリクナビネクストの新着情報は許可にして後は必要に応じて受信してください。リクナビネクストからメールで入る転職の情報は自分で業種や職種をカテゴリ設定しますので不要な求人は入りません。募集の求人には一部上場企業の転職が沢山あります。リクナビネクストのメールを携帯やスマホなど複数のアドレスで受けることができます。

 

リクナビネクストのメール画面

 

あなたの転職のお膳立てはリクナビネクストで全て整っています。後は行動に移すかどうかです。ぜひ、あなたの未来を転職先でスキルアップしてみませんか?

 

 

リクナビネクストで人気のある職種とは

 

リクナビネクストでは会社の業種に偏りがないので平均した転職の需要があります。リクナビネクストの中でも人気が高いのがIT系・販売系・営業系です。

 

今まで仕事の経験がないから人気の業種で雇ってくれないだろう。。。実は、例え人気の業種であっても未経験OKの会社が沢山あります。最近は雇用が増えており、「求人にかけても、中々人がきてくれない」そんな声をよく聞きます。なのであきらめない事が大切ですね。

 

公務員や教師・講師は少ないですがそれでも一人の方に50件以上のオファーがあったりするので公務員志望でも諦めずに地道な活動は必須になります。リクナビネクストは、仕事をしながら転職が探せるシステムなので今の職場のプライバシーは守られるのです。転職のタイミングはとても重要なので時期をのがさないでください。

 

そして、異常に残業が多いブラックな会社に就職してしまわない様に、求人募集に応募する前にある程度は企業に下調べしする事をおすすめします。志望動機を回答する際にも活用できるでしょう。

 

 

リクナビネクストで面接をGET!受かる面接方法

 

転職の面接はあなたをアピールする最大限の舞台と思ってください。人事の方に強い印象を与える事が必要です。面接には自己紹介は必ずありますので何度も練習を重ねてください。オーソドックスではありますが志望動機や転職の理由も重要視されます。

 

まず、面接においてお決まりのマナーやテクニックなどを差し置いて、面接で印象に残るコツを紹介したいと思います。このコツさえ掴む事ができれば後に会議や商談そして上司とも上手く付き合える方法ですが大したことをする訳ではありません。

 

ですが面接において特に初対面の方に印象づけやすりこみができるので面接に自信がない方は必ず行って欲しいと思います。面接で印象がうすい人ほど効果が高いです。

 

とある知人の息子さんの話しです。就職の面接が数日後に迫っていて胃が痛くなるまで緊張していました。面接の練習は何度も繰り返しで訓練を受けていたのですが、可もなく不可もなしで印象に残らないと言われていたそうです。募集人数の多い企業の面接で印象に残らなければ絶望的ではあります。

 

そこで面接のアドバイスをしたのです。自分が話しをする時は面接者の目をずっと見つめながら話す事。複数の面接者がいれば見た目で一番重役な人を見つめながらアピール。たまに隣にいる方にも見つめながらしゃべる事。そして絶対に視線を横や下に向けたりしない事。視線を外す行為そのものは自信のない人がする行動なのです。面接者によっては挙動不審に思われてしまうかもしれません。

 

そして、そのアドバイス通りに実践してくれた知人の息子は無事に採用されました。半官企業で事務職の求人申し込みが多かったのですが印象プラス好感度がアップできた様です。

 

たったこれだけの事で面接時の好感度や印象が大きく変わるのですから人間は基本的に面接者は単純とも言えますね。

 

受かる面接の視線の向け方

 

  • うつろな目線はNG
  • 瞬きをしすぎない
  • 真剣なまなざしを向ける
  • スマイルもたまに必要(視線ははずさない)
  • 瞳に視線を向けられない方は目と目の間の下を見る

 

転職先の企業がわがままな件

 

転職先の企業はわがままな条件があったり、不当な理由で落す事があります。

 

以前、大手企業の人事担当者が3人の募集をしたのですが、履歴書がパソコンで印字していない理由だけで多くの応募者をふるいにかけたのです。人事の方に聞いたところ、対象となる条件がパソコンが出来る方だから直筆は落したとの回答でした。

 

これには正直驚かされました。

 

多分、落された方も腑に落ちない思いをされたでしょう。ビジネスにおいて時間は貴重であり、人事と言えどもそれ以外の業務を管理しているので求人ばかりに時間が割けないのが現実なのです。結局、履歴書をパソコンで印字した応募者全員に試験を受けさせ、点数の高い1位2位3位のみを面接し採用しました。

 

かなり大雑把な採用試験とも言えますし、不当な気持ちになるかもしれません。転職と一口に言っても企業側の思惑が大前提にあり、裏で様々な手法で選別されそれに該当しなければ採用されません。もちろん、この話しはリクナビネクストとは関係ありませんが…

 

でもそんな不当な理由で不採用にはなりたくないと思いませんか?リクナビネクストではレジェメ機能があるので企業と相思相愛になる可能性が高いです。

 

そして、スカウト制度を利用すると興味を持ってもらえた企業からアプローチをかけてきます。匿名で仕事しながら次の転職を探すのに適してますし、今すぐ転職希望の場合でも多方面からリクナビネクストがバックアップします。

 

最近の新着転職求人・転職求人更新情報

日本郵便株式会社、KIRIN キリンビバレッジ株式会、株式会社博報堂プロダクツ、LINE株式会社、参天製薬株式会社、株式会社ラッシュジャパン、野村證券株式会社、株式会社 デンソー、千葉大学医学部附属病院、GMOインターネット株式会社、株式会社 三越伊勢丹、株式会社USEN、住友化学株式会社GEヘルスケア・ジャパン株式会社、独立行政法人 国立がん研究センター
非公開求人は他にも沢山あります。
※2015/4/12情報です。

 

更新履歴